子どもの予防接種

更新日:2018年04月01日

子どもの予防接種のご案内

 子どもは病気にかかりやすく、かかると重くなることがありますが、予防接種で病気に対する抵抗力(免疫)をつくり、病原体の感染を防ぎましょう。

予防接種の種類と対象者など

集団で受ける予防接種

種類

対象年齢

回数

場所

BCG
(4か月健診と同時実施)

生後1歳未満

1回

保健センター

4か月児健康診査と同日接種か、または生後満5か月以降1歳未満の間に下記定期予防接種実施医療機関で接種できます。

健診会場でのBCGをご希望の場合、当日はBCG単独での接種は行いません。

健診の対象となる日時は、健診の10日前までにお送りするご案内や広報紙でご確認ください。前回に受けた予防接種や病気などからの期間が空いていないときは、接種できない場合があります。

個別で受ける予防接種

ヒブ

初回接種時年齢が生後2か月から7か月未満の場合(生後12か月未満までに完了)

初回接種

回数:3回

間隔:27日以上の間隔をあけて

追加接種

回数:1回

間隔:初回接種3回終了後、7か月以上の間隔をあけ、かつ1歳を過ぎて

初回接種時年齢が生後7か月から12か月未満の場合(生後12か月未満までに完了)

初回接種

回数:2回

間隔:27日以上の間隔をあけて

追加接種

回数:1回

間隔:初回接種2回終了後、7か月以上の間隔をあけ、かつ1歳を過ぎて

初回接種時年齢が生後1歳から5歳未満の場合

回数:1回

注意:ヒブの予防接種は、接種開始年齢によって、接種回数が違います。予診票は医療機関にあります。

小児用肺炎球菌

初回接種時年齢が生後2か月から7か月未満の場合

初回接種

回数:3回

間隔:27日以上の間隔をあけて

追加接種

回数:1回

間隔:初回接種3回終了後、60日以上の間隔をあけ、かつ1歳を過ぎて

初回接種時年齢が生後7か月から12か月未満の場合

初回接種

回数:2回

間隔:27日以上の間隔をあけて

追加接種

回数:1回

間隔:初回接種2回終了後、60日以上の間隔をあけ、かつ1歳を過ぎて

初回接種時年齢が生後1歳から2歳未満の場合

回数:2回

間隔:60日以上の間隔をあけて

初回接種時年齢が生後2歳から5歳未満の場合

回数:1回

注意:小児用肺炎球菌の予防接種は、接種開始年齢によって、接種回数が違います。予診票は医療機関にあります。

B型肝炎

生後2か月から1歳未満

回数:3回

間隔:1回目と2回目は、27日以上の間隔をあけて

   1回目と3回目は、139日以上の間隔をあけて

※ご家族からの感染リスクが高く(母子感染予防を除く)、医学的に必要と判断される場合は、生後2か月以前の早期の接種も定期接種として取り扱うことが可能です。早期に接種された場合は、健康課にご相談ください。

BCG

生後5か月から1歳未満

回数:1回

4種混合:ジフテリア・百日せき・ポリオ・破傷風

1期初回:生後3か月から7歳6か月未満

回数:3回

間隔:20日以上の間隔をあけて

1期追加:7歳6か月未満

回数:1回

間隔:初回接種3回終了後、1年以上の間隔をあけて

4種混合を受けた方は、ポリオ及びDPTの接種は不要です。

麻しん・風しん(MR)

1期:1歳から2歳未満

回数:1回

2期:5歳から7歳未満で小学校就学の前年度(年長児)

回数:1回

水痘(みずぼうそう)

1歳から3歳未満

回数:2回(6か月以上の間隔をあけて)

 

   注意1:任意接種で過去に1回接種された方は、残り1回接種できます。

       過去に2回接種された方は、接種の必要はありません。

   注意2:過去に水痘にかかった方は、接種の必要はありません。

   

日本脳炎

1期初回:3歳から7歳6か月未満

回数:2回

間隔:6日以上の間隔をあけて

※標準的な接種期間は、3歳に達してからとされていますが、海外渡航予定がある場合などでご希望の方は、生後6か月から接種が可能です。医療機関にご相談ください。

1期追加:7歳6か月未満

回数:1回

間隔:初回接種2回終了後、6か月以上の間隔をあけて

2期:9歳から13歳未満

回数:1回

日本脳炎(特例措置)

(1)1期と2期合わせて計4回を接種していない方:平成19年4月1日以前に生まれた20歳未満の方

回数:4回の不足分

注意事項:20歳未満までに計4回(4回目は9歳以上)

注意:現在18歳以上の方は、小学校で日本脳炎を接種している場合があります。

(2)1期を3回接種していない方:平成19年4月2日生まれから平成21年10月1日生まれ

回数:1期3回の不足分

注意事項:9歳から13歳未満の間に1期の不足分を接種できます。

※あわせて日本脳炎2期も1回接種できます。

母子健康手帳を確認し、接種記録が不明の場合は、健康課までお問い合わせください。

DT2期:ジフテリア・破傷風

2期:11歳から13歳未満

 回数:1回

子宮頸がん予防ワクチン

初回:小学6年生から高校1年生相当の女子

回数:1回

追加:初回接種からサーバリックスは1か月後、6か月後の各1回ガーダシルは2か月、6か月後の各1回

回数:2回

注意:厚生労働省がお薦めしている接種対象者は、中学1年生から高校1年生相当までの女子です。

子宮頸がん予防ワクチンの接種の積極的な勧奨を差し控えます

平成25年6月14日から予防接種法に基づく、子宮頸がん予防ワクチンの接種については、積極的な接種の勧奨を差し控えることとなりました。

これは厚生労働省において、現在使用している子宮頸がん予防ワクチンによる持続的疼痛等の副作用の発生頻度等が明らかになるまで、積極的な接種勧奨を差し控えるべきと判断されたためです。

ただし、保護者が特に希望する方は、説明を受け同意した上で接種を行うことは差し支えないとされていますので、医療機関または健康課までご相談ください。

接種に当たっては、有効性とリスクを理解した上で接種を受けるかどうかご判断ください。

詳細は下記のとおりです。

 

 

詳しくは保健事業だよりをご確認ください。

藤井寺市予防接種実施医療機関

要予約
医療機関で受ける予防接種は、1年を通じて受けられます。

ワクチンの流通量には限りがあり、希望してもすぐに接種できない場合があります。

かかりつけの医療機関窓口でお尋ねください。

予防接種を受ける前に

こんな方は接種できません。当てはまらないか確認してください。

  • 母子健康手帳を持っていない。(子宮頸がん予防ワクチンは除く)
  • 当日体調が悪い。(予防接種は体調が良い時に受けるのが原則です。)
  • 明らかに発熱(通常37.5℃以上)している。(接種日の朝は、必ず体温を測定してください。)
  • 重い急性疾患にかかっていることが明らかである。
  • 接種しようとする予防接種の接種液の成分によってアナフィラキシー(接種後約30分以内 に起こるひどいアレルギー反応)を起こしたことが明らかである。
  • 日本脳炎特例措置(13歳以上)・子宮頸がん予防ワクチンの対象で、妊娠していることが明らかである。
  • 前に接種した予防接種との間隔が空いていない。
    接種後27日以上あける(4週間後の同じ曜日以降)もの:生ワクチン
    予防接種の種類:BCG・麻しん風しん(MR)・おたふくかぜ・水痘(みずぼうそう)・ロタウイルスなど
    接種後6日以上あける(1週間後の同じ曜日以降)もの :不活化ワクチン・トキソイド
    予防接種の種類:4種混合・ポリオ・DT・日本脳炎・B型肝炎・インフル
    エンザ・ヒブ・小児用肺炎球菌・子宮頸がん予防ワクチンなど
  • 同じワクチンを2回以上接種する際、定められた間隔が空いていない。
  • 病気などから期間が空いていない。 主治医の判断により、前後する場合があります。
予防接種を受ける前に

病気など(状態)

接種できない期間

けいれん(ひきつけ)

3か月以内

麻しん、風しん、おたふくかぜ、水ぼうそう、肺炎 など

かかってから4週間以内

兄弟などが上記の病気にかかり、うつる可能性のある方

かかってから2~3週間以内

(おたふくかぜは4週間以内)

手足口病、へルパンギーナ、突発性発疹、

腸管系ウイルス性疾患、インフルエンザ など

かかってから3週間以内

兄弟などが上記の病気(突発性発疹は除く)にかかり、うつる可能性のある方

かかってから2週間以内

その他、医師が接種不適当な状態と判断した場合

主治医と相談してください

心臓病・腎臓病・肝臓病、血液の病気や発育障害などで治療を受けている方や、過去にけいれん(ひきつけ)を起こし、現在も抗けいれん剤を使用している方などは、予防接種についての意見書をもらうなど事前に主治医にご相談ください。(母子健康手帳に記入してもらっても結構です)

ご留意点

お子さんの体調の良い時に受けられるものから順に、計画的に接種してください。
接種間隔などわからないことがございましたら、健康課までご相談ください。

接種費用

無料です。

持ち物

1.母子健康手帳
2.予診票
 ※予診票をお持ちでない方は、健康課までご連絡ください。

長期の里帰りを予定されている方へ

定期の予防接種は、生後2か月から開始されます。里帰り先で定期の予防接種をされる場合、接種前に必ず健康課にお問い合わせください。詳細についてご説明いたします。

長期療養を必要とする疾病により、定期予防接種を受けられなかった方へ

予防接種法の改正により、長期療養を必要とする重篤な疾病にかかったこと等により、やむを得ず対象年齢内に定期予防接種が受けられなかった方への接種の機会が特例措置として確保されました。

対象の方は、予防接種法に基づく対象年齢外であっても、医師が接種可能と判断してから2年間は、接種できなかった予防接種を定期予防接種として受けることができます。(予防接種の種類によっては上限年齢有)

特例措置に該当すると思われる方は、健康課にご相談ください。

対象者

 以下の条件を全て満たしている方

1 接種時に藤井寺市に居住している方

2 長期療養を必要とする重篤な疾病(下記「該当する疾病について」を参照)にかかったこと等により、やむを得ず定期予防接種を対象年齢内に受けられなかった方

対象期間

主治医が接種可能と判断した日から2年(接種上限年齢の定められている予防接種有)

 接種上限年齢の定められている予防接種

BCG:4歳に達するまで

四種混合:15歳に達するまで

ヒブ:10歳に達するまで

小児用肺炎球菌:6歳に達するまで

対象となる予防接種

やむを得ず対象年齢内に接種できなかった種類の予防接種

(対象年齢内に接種したワクチンの再接種等は対象外です)

該当する疾病について

 次の1~3に該当する疾病にかかり、やむを得ず定期の予防接種を受けることができなかったこと   

1.ア)重症複合免疫不全症、無ガンマグロブリン血症その他免疫機能に支障を生じさせる重篤な疾病

  イ)白血病、再生不良貧血、重症筋無力症、若年性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、潰瘍性大腸炎、ネフローゼ症候群その他免疫機能を抑制する治療を必要とする重篤な疾病

  ウ)ア又はイの疾病に準ずると認められるもの

※該当する疾病の一例(下記「該当する疾病について」を参照)

2.臓器移植を受けた後、免疫の機能を抑制する治療を受け、やむを得ず定期の予防接種を受けることができなかったこと

3.医学的知見に基づき、上記に準ずると認められること

定期接種の健康被害救済制度について

定期予防接種による健康被害によって引き起こされたと認定された副反応により、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障ができるような障害を残すなどの健康被害が生じた場合には、健康被害の程度に応じて予防接種法に基づく補償を受けることができます。

詳しくはこちらをご覧下さい。

任意予防接種による健康被害

任意予防接種によって引き起こされたと認定された副反応により、重篤な健康被害が生じた場合には、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構法の「医薬品副作用被害救済制度」の救済を受けることができますが、予防接種法の制度とは救済の対象、額などが異なります。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

こども・健康部 健康課
〒583-8583
大阪府藤井寺市岡1丁目1番1号 市役所2階25番窓口
電話番号:072-939-1111 (代表)
072-939-1112 (庶務担当、成人保健担当、母子保健担当)
ファックス番号:072-939-9099
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。