現在の位置

薬局

薬局では、医師が処方した処方箋を元に、お薬をご用意しています。
お薬の作用やその飲み方など、わかりやすくお伝えできるように努めています。
副作用がご心配な方や、何かご不明な点がありましたらどうぞお気軽に薬剤師に相談してください。

薬剤師とは

病気の治療や予防、健康の維持などのために、薬は私たちの生活にかかせないものとなっています。病気などで病院や診療所で薬をもらったり、近隣の薬局や薬店で市販薬を購入したりしたことがあると思います。こうした薬に薬学を基礎とした専門的な立場から関与しているのが薬剤師です。

「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする」と薬剤師法で規定されています。

その為、当薬局では以下のようなさまざまな仕事に取り組んでいます。

業務内容

【調剤業務】

午前中は主に外来処方箋の調剤を行っています。お薬の種類によってお渡しする順番が多少前後することがありますが、少しでも早くお渡しできるように努力しています。
また、他の病院や医院でもらっている薬と重複しないようにお薬手帳を持参してもらい記入したり、当院でもらっている薬に関しては「お薬のしおり」をお渡ししています。午後からは入院処方箋の調剤や入院患者様の注射薬の取り揃えや供給なども行っています。正確かつ適正にお薬が使用されるよう監査しています。

なお、処方されましたお薬につきまして、3ヶ月を経過しても取りに来られない場合は、処分しますのでご了承ください。

【病棟業務】

主に入院患者さまの病室へ行き、お薬の説明をします。
今飲んでいる薬に対する質問を受けたり、用法・用量どおりにお薬がのめているかなどのチェックをします。また、副作用・相互作用なども説明します。

医薬品情報管理業務

医薬品に関するさまざまな情報を収集して、最新の薬品情報を医師・看護師などに提供しています。
また、各薬品会社の添付文書集などを保管し、的確に薬品情報を伝えられるようにしています。

ジェネリック医薬品について

【ジェネリック医薬品とは】

  • 新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に、ほかのメーカーから発売されるお薬です。
  • 新薬(先発医薬品)と同じ有効成分を使い、効き目・品質・安全性が同等なお薬です。
  • 新薬(先発医薬品)と同じように、国の基準によって品質管理されています。
  • 新薬(先発医薬品)よりも、低価格です。
  • 医療費の節約に役立つ1つの手段であることから、政府もその普及を推進しています。
  • 種類も豊富で、様々な病気に対応しています。

 

【ジェネリック医薬品はなぜ安いの?】

製薬会社は新しい薬を開発すると、特許を取って販売します。

これを新薬(先発医薬品)と言います。

これに対し、ジェネリック医薬品は、特許期間が切れた後に、他社が同じ有効成分を使って製造・販売している薬のことです。

新薬の医療現場での使用実績や情報をもとに効率よく開発するので、低価格で提供することができます。

アルコールとくすり

なぜ、服薬中はお酒をのんではいけないのでしょうか?

内服薬の場合、口からのんだクスリは胃から腸に入り、門脈という血管を通して肝臓に運ばれます。

クスリは、肝臓で酵素の働きにより代謝され、肝静脈から心臓を経て全身をめぐるわけですが、大事なことはアルコールもまた肝臓で代謝されるということです。

たとえば、お酒が入っているときにクスリをのむと、肝臓の代謝酵素はアルコールを解毒するのに優先的に使われるため、クスリの代謝が不十分になります。

こうなると、クスリの効果が強く出てしまい、中毒症状を起こすかもしれません。

また、クスリによってはアルコールとの相性が悪く、悪い相互作用が起きやすいものもあります。

つまり、「服薬中は禁酒」という医師の注意は、単に「お酒をのみすぎるとからだに悪い」というだけではないのです。

医師の指示通りに治療を続けていれば、やがて「晩酌を楽しむ程度なら」といったように、晴れてお許しがでることもあるでしょう。

お問い合わせ

市民病院事務局
〒583-0012
大阪府藤井寺市道明寺2丁目7番3号
電話番号:072-939-7031 (代表)
ファックス番号:072-939-7068
メールフォームでのお問い合せはこちら

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。