新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

更新日:2020年08月03日

 新型コロナウイルスの感染が拡大している中、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を中心として、感染した人やその家族、治療行為に従事された医療関係者、外国から帰国された人、日本に居住する外国人の方に対する誹謗中傷や、根拠のない差別的書き込みが広がっています。

 こうした不当な差別、偏見、いじめなどの人権侵害行為は許されないことです。

 以下の相談窓口などで正確な情報をご確認いただき、冷静に行動していただきますようお願い致します。

 

・大阪府民向け相談窓口(大阪府)

 電話:06-6944-8197 (9時から18時まで・土日祝も対応)

 ファックス:06-6944-7579

・みんなの人権110番(法務省)

 電話:0570-003-110 (平日8時30分から17時15分まで)

・子どもの人権110番(法務省)

 電話:0120-007-110(平日8時30分から17時15分まで)

・外国人人権相談ダイヤル(法務省)

 電話:0570-090911(平日8時30分から17時15分まで)

 

新型コロナウイルス感染症に関連した法務大臣メッセージ

 新型コロナウイルス感染症に関連して、感染者・濃厚接触者,医療従事者等に対する誤解や偏見に基づく差別は決してあってはなりません。

 法務大臣メッセージは、YouTube法務省チャンネル(https://youtu.be/RYS00qCxo-0)をご覧ください。

 法務省の人権擁護機関では、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別、偏見、いじめ等の被害に遭った方からの人権相談を受け付けています。困った時は、一人で悩まず、私たちに相談してください。

 

人権相談問い合わせ先

 

お問い合わせ

市民生活部 協働人権課 人権推進担当
〒583-8583
大阪府藤井寺市岡1丁目1番1号 市役所1階4番窓口
電話番号:072-939-1111 (代表)
072-939-1059 (人権推進担当)
ファックス番号:072-952-8981
メールフォームでのお問い合せはこちら

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。