令和元年度 危機管理室 運営方針

更新日:2019年09月17日

危機管理監

危機管理監 

林 章浩

主な業務

 危機管理室は、主に次のような業務を担当しています。

  • 防災に関すること
  • 危機管理に関すること
  • 国民保護に関すること
  • 消防に関すること

 

基本方針

 危機管理室では、本市の地域防災計画に基づき、市民の防災意識の高揚を図るため、地域における防災学習会(出前講座)などにより防災啓発を実施しているほか、防災ガイドブックの作成(平成28年度)、デジタル防災行政無線(同報系)の整備(平成27~29年度)など防災体制の強化、充実化を推進しています。

 今後も引き続き、迅速に対応できる体制づくりを関係機関と連携して構築するとともに、第五次総合計画で掲げる「災害に強く、安心して暮らせるまちづくり」を推進するため、いつ、どのように起きるか分からない危機事象にしっかりと対応できるよう、本市の消防・防災・危機管理体制の組織強化と防災の視点が暮らしの中に根付いていくような取組を推進します。

 

重点取組 

災害対応力の強化

 これまでの災害応急対策における課題等を整理し、その解決に努めるとともに、災害対応に従事する職員自身の防災意識の向上とスキルアップを図るため、より実践的な研修・訓練を実施します。

 また、必要に応じて様々なマニュアルの見直しや災害協定の締結など、災害対応力の強化を図ります。

市民の防災意識の向上と自主防災組織の育成

 災害は、いつ、どのようにして起きるか分かりません。災害発生時の被害軽減には、普段からの備えと自助・共助が大切であり、市民一人ひとりの暮らしの中に防災の視点がしっかりと根付くことが重要です。

 これまでの災害の教訓も踏まえ、市民の自助・共助意識の向上に繋がるよう、地域における防災啓発をさらに充実させるとともに、引き続き、自主防災組織の結成促進、育成及び活動支援など連携強化に努めます。

消防ポンプ自動車の更新

 本市消防団に配備している消防ポンプ自動車等については、NOx・PM法の規制や老朽化により、その更新を計画的に進めています。

 今年度は、昨年度に引き続き、消防ポンプ自動車1台を更新し、充実した消防団活動が実施できる体制の確保に努めます。

 

お問い合わせ

政策企画部 政策推進課 政策特命担当
〒583-8583
大阪府藤井寺市岡1丁目1番1号 市役所6階61番窓口
電話番号:072-939-1111 (代表)
072-939-1171 (政策特命担当)
ファックス番号:072-952-9501
メールフォームでのお問い合せはこちら