保育所等への入所案内

更新日:2019年10月18日

藤井寺市の保育について

藤井寺市内には、保護者の就労などにより保育を必要とする子どものための施設や事業として、保育所(市立6か所、私立5か所)、認定こども園(私立1か所)があり、平成29年4月より新たに小規模保育事業が1か所開所しました。

1.保育所

保育所は児童福祉法に基づく施設で、保護者の就労などにより、家庭で保育のできない乳幼児を保護者に代わり保育することを目的とする施設です。(利用定員20名以上)

2.認定こども園

認定こども園は認定こども園法(就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律)に基づき、保護者の就労の有無や形態にかかわらず、子どもたちに教育と保育を一体的に提供するとともに、地域で子育て中の家庭を支援する各種事業を実施します。
認定こども園では、入園の区分が、教育時間認定子どもと保育認定子どもに分かれています。

3.小規模保育事業

小規模保育事業は児童福祉法に基づく地域型保育事業の一つで、保護者の就労などにより、家庭で保育のできない0歳から2歳までの乳幼児を保護者に代わり専用施設で保育する事業です。(利用定員19名以下)

保育を必要とする事由

保育所等を利用するためには、保護者(父母)などが下記の「保育を必要とする事由」のいずれかに該当することが必要となります。「集団生活をさせたい」「幼児教育の場として利用したい」等の理由は、保育を必要とする事由にはあたりません。なお、同居の祖父母(65歳未満)や、離婚しているが同居している、もしくは婚姻していないが同居している方がいる場合でも、保護者と同じく「保育を必要とする事由」が必要となります。

1.就労

1ヵ月に96時間以上【例:1日6時間以上且つ週4日以上 等】就労していること
(フルタイム、ハ゜ートタイム、居宅内の労働(自営業等)、夜間など基本的にすべての就労が対象)

※令和2年4月より1ヵ月に64時間以上就労していることに変更

2.妊娠、出産 産前産後8週間 (※多胎妊娠の場合、産前14週間、産後8週間)
3.疾病等 保護者が疾病、もしくは負傷し又は心身に障害を有していること
4.介護等 同居親族(長期入院等している親族を含む)の常時介護、又は看護をしていること
5.災害復旧 災害等により居宅を失うもしくは著しく破損し、その復旧にあたっていること
6.求職活動 求職活動(起業準備を含む)を継続的に行っていること(注)
7.就学 就学(職業訓練校等における職業訓練を含む)
8.虐待・DV 虐待やDVのおそれがあると判断される場合
9.育児休業中 すでに 保育を利用している児童 で、継続利用が必要と認められる場合
10.その他 市長が上記に類する状態にあると認める場合

(注)求職活動の要件で、入所が決定された場合、入所承諾(決定)期間は入所月より3か月間です。その期間に就労できなかった場合、基本的に保育の利用はできなくなりますので、注意してください。

入所申込の受付

申込みは、市役所2階保育幼稚園課(24番窓口)で受付いたします。

申込期間は、4月の新年度入所申込と、年度途中の申込みでは異なります。

・次年度4月の新年度入所申し込みはこちらをご覧ください。。

・今年度途中からの入所申し込みはこちらのページをご覧ください。

入所についての詳しい内容は

令和2年度保育所等の利用案内(PDF:424.9KB)をご覧ください。

入所申込に必要な書類について

申込書類は市役所2階保育幼稚園課(24番窓口)にて配布しています。

○保育所等利用調整申込書

○「保育を必要とする事由」となる証明書(下記表を参照)(保護者以外に同居している65歳未満の祖父母の方も必要となります)

○平成31年度市府民税課税(非課税)証明書(平成31年1月1日現在、藤井寺市に住民登録されていた方、及び個人番号の提出をしていただいた方は不要です)

利用証明書(PDF:151.7KB)(申込時点で託児所等を利用されている方のみ)

社会保険証の写し(PDF:19.1KB)(保護者自身が勤務先で社会保険に加入されている方のみ)

保育を必要とする事由 必要書類
外勤の場合

就労(採用内定)証明書(PDF:74.3KB)

就労(採用内定)証明書(Excelブック:74.5KB)に勤務先(雇用主)の証明

自営業の場合
(手伝いも含む)
「就労(採用内定)証明書」に自営主の証明
内職の場合 「就労(採用内定)証明書」に発注元の証明
出産の場合

「保育を必要とする申告書」(PDF:55.1KB)に医師もしくは助産師の証明、または母子健康手帳に母の氏名と出産(予定)日が記入されていれば、その写しでも可能です

病気、ケガの場合 「保育を必要とする申告書」に医師による証明か診断書(身体障害者手帳等があればその手帳等の写し)
介護の場合 「介護状況申立書」(PDF:39.6KB)
求職活動中の場合 「求職活動申立書(両面コピーしてください。)」(PDF:59.5KB)
災害復旧に従事している場合 罹災(りさい)証明
学生の場合 在学証明書(在学期間等が記載されているもの)とカリキュラム表(時間割)の写し
その他(上記以外) 保育を必要とすることが確認できる証明

藤井寺市に住民登録のある方で、市外の保育所等を希望される場合

 藤井寺市に申し込んでいただくことになりますが、入所利用調整は希望先の市区町村で行われます。なお、受付期間や申込方法は市区町村によって異なりますので、あらかじめ希望される市区町村にお問い合わせください。

藤井寺市に転入予定の方で藤井寺市の保育所等を希望される場合

 入所日前日までに転入されることを条件に藤井寺市で受付期間内に申込むことができます。その際、売買契約書もしくは賃貸借契約書などのほか、現在お住まいの市区町村で発行した住民票(異動される方全員分)を併せて提出してください。

 入所決定したのち、入所日前日までに藤井寺市に転入されなかった場合、入所は取り消しとなりますのでご注意ください。

入所の承諾および通知について

 保育を必要とする事由などの審査を行い、入所される児童を決定します。

 なお、入所希望する保育施設に定員を超えて申込がある場合は、入所選考基準により利用調整を行い入所を決定します。

 入所決定の時期や通知方法につきましては、新年度入所申込・途中入所申込によって異なります。各ページでご確認ください。

入所申込後に状況が変わった場合、届出が必要です

・住所(市内転居・市外へ転出)、電話番号が変わられたとき

・家族の状況に異動があったとき(離婚・再婚等)

・保護者が転職・退職・就職されたときや、保育を必要とする事由が変更となる場合。

・入所希望保育所(園)を変更、追加されたいとき

・入所申込を取り下げるとき

支給認定について

 支給認定とは、保育所等の施設利用を希望される場合、必要に応じた保育・教育サービスを提供するために保育の必要性や必要量を判定するものです。そのため、保育所の利用申込みとは別に、「施設型給付費・地域型保育給付費支給認定申請書」を提出していただく必要があります。

くわしくは、支給認定についてのページでご確認ください。

お問い合わせ

こども・健康部 保育幼稚園課
〒583-8583
大阪府藤井寺市岡1丁目1番1号 市役所2階24番窓口
電話番号:072-939-1111 (代表)
072-939-1161 (総務担当)
072-939-1126 (入所運営担当)
072-939-1127 (管理担当)
ファックス番号:072-939-1128
メールフォームでのお問い合せはこちら

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。