保育所等の利用者負担額(保育料)について

更新日:2019年10月31日

利用者負担額(保育料)の算定方法

 保育所等(保育所、認定こども園(保育利用)、小規模保育事業)の利用者負担額(保育料)は、児童の属する世帯の所得に応じた負担(応能負担)が基本となり、国が定める基準を上限として市町村が決定します。

 藤井寺市が定める利用者負担額は市民税額により決定します。市民税は毎年6月に確定されるため、4月~8月までの利用者負担額(保育料)は、前年度の市民税額で、9月~翌年3月分までは当該年度の市民税額で決定します。

毎年9月に切り替えがあります
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
前年度の市民税額に基づき決定 当該年度の市民税額に基づき決定

平成31年度の利用者負担額(保育料)

平成31年度の利用者負担額(保育料)は、平成31年度藤井寺市保育所等利用者負担額(保育料)徴収額表により算定します。

・令和元年10月1日(幼児教育・保育の無償化)からの利用者負担額表

平成31年度藤井寺市保育所等利用者負担額(保育料)徴収額表(令和元年10月~)(PDF:354.7KB)

 

・令和元年9月30日までの利用者負担額表

平成31年度藤井寺市保育所等利用者負担額(保育料)徴収額表(PDF:356.8KB)

  • 利用者負担額(保育料)の算定の基となる市民税所得割課税額は、住宅借入金等特別税額控除、配当控除、外国税額控除、寄附金税額控除、配当割額及び株式等譲渡所得割額の税額を控除する前の額です。
  • 市民税が未申告の方は、申告していただく必要があります。
  • 藤井寺市に課税情報がない方は、保育所等利用調整申込書を提出するときに、市民税額が確認できる書類の提出が必要です。
  • 別居をしていても離婚が成立していない場合は、その方の課税状況を確認させていただいたうえで算定します。また、離婚しているが同居している方、もしくは婚姻はしていないが同居している方についても同様に確認させていただいたうえで算定します。
  • 書類の提出がない(確認ができない)場合は、利用者負担額(保育料)は最高額で決定することになります。
  • 3歳未満児、3歳児、4歳以上児の区分で利用者負担額(保育料)は異なり、4月1日時点での満年齢で区分しますので、誕生日を迎え年齢が上がった場合や、誕生日を過ぎてからの途中入所であっても、年齢区分は変わりません。
  • 利用者負担額(保育料)以外に雑費(制服、用品代等)や主食費などが必要な場合があります。くわしくは施設へ問い合わせてください。

利用者負担額(保育料)の軽減

多子世帯の軽減

  • 次の施設を利用(入所)している就学前の児童が2人以上おられる世帯で、その児童のうち最年長から数えて2人目の児童が保育所等に入所されているときは半額、3人目以降の児童は無料に軽減されます。

対象となる施設:保育所、幼稚園、認定こども園、小規模保育事業、特別支援学校幼稚部、児童心理治療施設、児童発達支援センター、医療型児童発達支援センター

※ただし、藤井寺市立幼稚園、認定こども園、小規模保育事業以外の施設を利用されている場合は、別途在園(通園)証明書が必要となる場合があります。入所が決まり次第、提出してください。

  • 平成28年度より、市民税所得割税額が57,699円以下の世帯については、子どもの年齢及び対象施設への在籍という要件は撤廃され、同一世帯の子ども全てを多子計算の対象とすることができるようになりました。

母子世帯等の軽減

 母子世帯等、在宅障害児(者)のいる世帯、生活保護法に定める要保護者等に該当し、市民税所得割額が77,100円以下の世帯の利用者負担額(保育料)について、1人目が半額(一定の上限あり、非課税世帯は無料)、2人目以降は無料に軽減されます。

利用者負担額(保育料)が変更となる事由

以下の事由に該当する場合、利用者負担額(保育料)が変更となる場合があります。必ず保育幼稚園課までご連絡ください。

  • 離婚、再婚、祖父母との同居を開始された場合・同居を解消された場合、死亡などにより世帯の状況に異動があったとき
  • 修正申告等により税額に変更があったとき
  • 上記事由のほか、特に市長が必要と認めるとき

利用者負担額(保育料)が減免となる事由

以下の事由に該当する場合、利用者負担額(保育料)が減免となる場合があります。申請がなければ減免できませんので、必ず保育幼稚園課までご連絡ください。

  • 児童が疾病等の理由により、同一月内で連続して15日以上欠席したとき
  • 税法上の「寡婦(夫)控除」が適用されない婚姻歴のないひとり親で寡婦(夫)控除のみなし適用を受けたとき。(適用後も負担額などが変わらない場合もあります。)

利用者負担額(保育料)の納付方法

保育所の利用者負担額(保育料)は藤井寺市に納付していただきます。

納付に当たっては納付書での支払い、もしくは口座振替での支払いをご利用していただけます。

※利用者負担額(保育料)の納付は便利な口座振替をご利用ください。

※認定こども園や小規模保育事業の利用者負担額(保育料)はご利用されている施設に直接納付していただきます。(ななこども園、ひかりこども園及びキングダム・キッズ藤井寺)

口座振替での支払いについて

  • 口座振替依頼書は、市役所2階保育幼稚園課(24番窓口)にあります。
  • 申請月の翌々月から口座振替となります。(例:申請日が5月10日の場合、振替開始月は7月からとなります)
  • 口座振替依頼書は金融機関へ提出してください。

口座振替取扱い金融機関

三井住友銀行 三菱UFJ銀行 みずほ銀行 りそな銀行 関西みらい銀行 池田泉州銀行 南都銀行 三井住友信託銀行 大阪厚生信用金庫 大阪シティ信用金庫 大阪信用金庫 近畿労働金庫 成協信用組合 大同信用組合 大阪南農業協同組合 ゆうちょ銀行

納付書での支払いについて

  • 納付書でのお支払いにつきましては、納付書裏面に記載の金融機関にて納付していただけます。

コンビニでの支払いについて

藤井寺市では、平成28年度から利用者負担額(保育料)をコンビニエンスストア(コンビニ)で納付できるようになりました。

24時間、365日(土、日、祝日を含む)コンビニの営業時間であればいつでも納付できます。

保育所利用者負担額の収納事務を児童福祉法(昭和22年法律第164号)第56条第3項の規定に基づき収納の事務を次のとおり私人に委託したので、児童福祉法施行令(昭和23年政令第74号)第44条の2第1項の規定により公表します。

○委託先

 株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ

○委託履行期間

 平成31年4月1日~令和4年3月31日

○業務内容

 藤井寺市保育所利用者負担額コンビニ収納業務委託

納付方法

ご利用店舗は下記のとおりです。

セブンーイレブン ファミリーマート ローソン ポプラ

デイリーヤマザキ/ヤマザキデイリーストア ミニストップ

コミュニティストア 

MMK設置店(※)


※MMK設置店とは、公共料金等が納付できるMMK端末を設置しているスーパーマーケットやドラッグストア等のことです。MMK設置店については株式会社しんきん情報サービスのホームページで確認できます。受付時間等については店舗により異なりますので、詳しくは各店舗へお問い合わせください。 

ご注意ください

 次のような場合は納付できません。

  • 納付書1枚当たりの金額が30万円を超えるもの
  • 納期限の過ぎた納付書
  • バーコードが印字されていない納付書
  • 督促料や延滞金を記入するなど、金額を訂正した納付書
  • 汚損等により、バーコードを読み取れない納付書
お問い合わせ

こども・健康部 保育幼稚園課
〒583-8583
大阪府藤井寺市岡1丁目1番1号 市役所2階24番窓口
電話番号:072-939-1111 (代表)
072-939-1161 (総務担当)
072-939-1126 (入所運営担当)
072-939-1127 (管理担当)
ファックス番号:072-939-1128
メールフォームでのお問い合せはこちら

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。