幼児教育・保育の無償化について

更新日:2019年10月25日

幼児教育・保育の無償化について

 令和元年10月から3歳から5歳までの子どもの幼稚園、保育所、認定こども園などの利用料が無償化されます。また、住民税非課税世帯の0歳から2歳までの子どもの保育料も無償化となります。

幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する子どもたち

【対象者・利用料】

 幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する3歳から5歳までの全ての子どもたちの利用料が無償化されます。

 0歳から2歳までの子どもたちについては、住民税非課税世帯を対象として利用料が無償化されます。

・ 幼稚園については、月額上限25,700円です。

・ 無償化の期間は、満3歳になった後の4月1日から小学校入学前までの3年間です。

(注) 幼稚園については、入園できる時期に合わせて、満3歳から無償化されます。

・通園送迎費、食材料費、行事費などは、これまでどおり保護者の負担になります。

・子ども・子育て支援新制度の対象とならない幼稚園については、無償化となるための認定を受ける必要があります。

【対象となる施設・事業】

 幼稚園、保育所、認定こども園に加え、地域型保育、企業主導型保育事業(標準的な利用料)も同様に無償化の対象とされます。

(注)地域型保育とは、小規模保育、家庭的保育、居宅訪問型保育、事業所内保育を指します。

幼稚園の預かり保育を利用する子どもたち

【対象者・利用料】

 無償化の対象となるためには、藤井寺市から「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

 幼稚園の利用に加え、「日額単価(450円)×利用日数」と「月額11,300円」とを比較して低い方の金額を上限とし利用料が無償化されます。

(注)満3歳児(3歳になった日から最初の3月31日までにある就学前子ども)については住民税非課税世帯のみ月額16,300円まで無償化されます。

 預かり保育の実施水準が十分でない場合(平日開所時間8時間未満や年間開所日数200日未満)、他に認可外保育施設等を利用した場合も含めて、上記月額上限を超えない範囲で無償となります。

【請求手続き】

 支給方法は、償還払い (一旦自身で支払い、後日請求により払い戻しを受けること。)となるため、利用料はこれまでどおり、一旦施設にお支払いください。

 幼稚園等が、利用月ごとに発行する「特定子ども・子育て支援の提供に係る領収証」及び「特定子ども・子育て支援提供証明書」を添付して、「施設等利用費請求書」を利用する幼稚園等もしくは藤井寺市に提出してください。

 支給については、四半期ごとに行う予定です。10月から12月申請分は2月前後に支払い予定、1月から3月申請分は5月前後に支払い予定となっております。

認可外保育施設等を利用する子どもたち

【対象者・利用料】

 無償化の対象となるためには、藤井寺市から「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

(注1)保育所、認定こども園等を利用できていない方が対象となります。

(注2)「保育の必要性の認定」の要件については、就労等の要件(認可保育所の利用と同等の要件)がありますので、下記窓口にご確認ください。

 3歳から5歳までの子どもたちは月額37,000円まで、0歳から2歳までの住民税非課税世帯の子どもたちは月額42,000円までの利用料が無償化されます。

【対象となる施設・事業】

 認可外保育施設に加え、一時預かり事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業を対象とします。

(注1)認可外保育施設とは、一般的な認可外保育施設、地方自治体独自の認証保育施設、ベビーシッター、認可外の事業所内保育等を指します。

(注2)無償化の対象となる認可外保育施設は、都道府県等に届出を行い、国が定める基準を満たすことが必要です。ただし、基準を満たしていない場合でも無償化の対象とする5年間の猶予期間を設けます。

【請求手続き】

 支給方法は、償還払い (一旦自身で支払い、後日請求により払い戻しを受けること。)となるため、利用料はこれまでどおり、一旦施設にお支払いください。

 認可外保育施設等が、利用月ごとに発行する「特定子ども・子育て支援の提供に係る領収証」及び「特定子ども・子育て支援提供証明書」(ファミリー・サポート・センター事業を利用する場合は、これらに代えて「活動報告書」)を添付して、「施設等利用費請求書」を藤井寺市に提出してください。

 支給については、四半期ごとに行う予定です。10月から12月申請分は2月前後に支払い予定、1月から3月申請分は5月前後に支払い予定となっております。

就学前の障害児の児童発達支援等を利用する子どもたち

【対象児童】

 無償化の期間は、満3歳になって初めての4月1日から小学校入学前までの3年間です。

 現在支給決定を受けている方に対しては、9月末を目途に個別に通知させていただき、9月以降の決定においては、対象児童である旨を受給者証に記載させていただきます。

(注)無償化にあたり、新たな手続きは必要ありません。

[対象となるサービス・利用者負担]

 児童発達支援、医療型児童発達支援、居宅訪問型児童発達支援、保育所等訪問支援、福祉型障害児入所施設、医療型障害児入所施設の利用者負担が無償化されます。

(注1)放課後等デイサービスについては、就学後の児童を対象としたものであるため、無償化の対象となりません。

(注2)利用者負担額以外の費用(医療費や、食費等の現在実費で負担しているもの)は引き続きお支払いいただくことになります。

 詳しくは福祉総務課までお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

こども・健康部 保育幼稚園課
〒583-8583
大阪府藤井寺市岡1丁目1番1号 市役所2階24番窓口
電話番号:072-939-1111 (代表)
072-939-1161 (総務担当)
072-939-1126 (入所運営担当)
072-939-1127 (管理担当)
ファックス番号:072-939-1128
メールフォームでのお問い合せはこちら