クビアカツヤカミキリについて

更新日:2021年06月09日

クビアカツヤカミキリとは

クビアカツヤカミキリは、サクラ・ウメ・モモなどのバラ科の樹木の中に幼虫が入り込み、木の内部を食い荒らしてしまう外来昆虫です。

幼虫が入り込んだ木はフラス(幼虫のフンときくずが混ざったもの)が大量に樹木の幹や地面に排出されます。

幼虫は、フラスを掻き出し針金などで刺し、成虫は踏みつぶすか殺虫剤などで駆除してください。

放っておくと樹木が衰弱し、やがて枯れてしまうおそれがあります。

南河内の市町村でも発生が確認されています。

 

原産地 :中国・ベトナム北部・朝鮮半島など

被害樹木:サクラ・ウメ・モモなどバラ科の樹木(生きている樹木を好む)

体長  :2.8~3.7cm(成虫)

特徴  :からだ全体が黒く光沢があり頭部の下、胸部分が赤い

クビアカツヤカミキリ1

クビアカツヤカミキリの成虫

クビアカツヤカミキリ2

クビアカツヤカミキリの大量に溜まったフラス

※詳しくは、独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所作成、クビアカツヤカミキリ被害対策の手引書をご覧ください。

お問い合わせ

市民生活部 環境衛生課
〒583-0033
大阪府藤井寺市小山7丁目1013番地の1
電話番号:072-939-1111 (代表)
072-939-1065 (環境・公害・飼犬登録担当)
072-939-1077(清掃庶務担当、清掃業務担当)
ファックス番号:072-954-5725
〒583-8583
大阪府藤井寺市岡1丁目1番1号 市役所1階10番窓口
電話番号:072-939-1111 (代表)
072-939-1074 (本庁窓口)
メールフォームでのお問い合せはこちら