令和4年度 都市整備部 運営方針

更新日:2022年05月20日

都市整備部長

糟谷 健司

主な業務

 都市整備部は、都市計画課、まち建設課、まち保全課、農とみどり保全課、下水道総務課、下水道工務課の6課で構成し、主に次のような業務を担当しています。

 

 

 

 

都市計画課

都市計画、都市景観、住宅政策、開発許可、建築確認申請、空家対策、耐震化促進、屋外広告物

まち建設課

市街地整備、土地区画整理事業、駅周辺整備、道路・河川・水路及び橋梁の計画・設計・施工・監理、都市計画道路の設計・施工・監理、交通政策、交通安全対策、自動車の臨時運行許可

まち保全課

道路・河川・水路等の管理・占用・明示、街路照明灯、地籍調査、法定外公共物の管理、市立駐車場・駐輪場の計画・整備・管理、放置自転車対策

農とみどり保全課

公園等の工事・管理、緑化推進、農業振興

下水道総務課

公共下水道の管理、受益者負担金、下水道使用料、排水設備

下水道工務課

公共下水道の計画・設計・施工・監理、浸水対策

基本方針

 都市整備部では、道路・橋梁・河川水路・下水道・公園などの都市基盤の整備や適切な維持管理を実施しています。

 今年度は、広域幹線の都市計画道路八尾富田林線藤井寺工区の整備を促進するとともに、地元地権者による「津堂・小山地区まちづくり協議会」と連携し、新たなにぎわいのあるまちづくりを計画的に進めます。

 市民生活に欠かせない快適な道路づくりとして、通学路の安全対策や、今年度創設しました狭あい道路拡幅補助制度など、人にやさしい道づくりを進めます。

 住宅の耐震化促進や空き家対策として、工事に要する費用を助成し、移住定住の促進を図るとともに、空家利活用のモデル事業を新たに実施します。

 公共交通は、本市にとってふさわしい公共交通のあり方をさらに検討します。

 古市古墳群などの歴史文化遺産と調和を図り、地域住民と協働しながら、魅力ある都市景観づくりを進めます。

 公共下水道は、汚水整備により普及率向上を図るとともに、浸水対策として雨水幹線の整備や水路改修工事、さらに雨水ポンプ場の改築更新などを進めます。

 子どもから高齢者まで安心して憩える公園・緑地の整備に努め、新たにガバメントクラウドファンディングを活用した遊具の改修を行います。

 都市型農業の振興や次世代農業者の育成・サポートを進めます。

 都市整備部の運営方針を各職員が共通の認識を持ち、他部署との連携を積極的に図り、「住みたいまち」「訪れたいまち」「住み続けたいまち」の実現に向けて施策に取り組みます。

重点取組

藤井寺市らしい景観の形成

 景観形成ガイドライン・公共施設景観ガイドラインの運用や景観アドバイザーの助言などを通じ、良好な都市景観の形成と魅力ある空間づくりを図り、古市古墳群等との調和を図ったまちづくりを推進します。

 【推進するSDGs】

  ・11.住み続けられるまちづくりを

都市景観形成のための規制・誘導

 古墳周辺地域の屋外広告物の適正化を促進するため、今年度も引き続き、周知啓発を図り、屋外広告物の改修・撤去を促します。

 【推進するSDGs】

  ・11.住み続けられるまちづくりを

空家対策の強化・充実

 空家の削減や発生の抑制を図り、引き続き指導等を行っていくとともに、今年度新たに空き家リフォーム補助制度を創設し、利活用促進についても積極的に取り組みます。

 【推進するSDGs】

  ・11.住み続けられるまちづくりを

住宅等の耐震化の推進

 相談会やセミナーの開催、耐震診断、耐震改修及び昨年度創設の住宅除却の補助制度を活用しながら耐震化の促進を図り、住宅耐震化率の向上を目指します。

 【推進するSDGs】

  ・11.住み続けられるまちづくりを

まちなみ景観整備事業

 葛井寺周辺地域における景観形成のあり方を、沿道住民とともに自主協議会の設立を進めるとともに、沿道家屋の修景の促進に取り組みます。

 【推進するSDGs】

  ・11.住み続けられるまちづくりを

八尾富田林線整備に伴う沿道のまちづくり検討

 都市計画道路八尾富田林線の整備にあわせ、津堂・小山地区まちづくり協議会において、土地の共同利用や有効活用、農地の保全や集約化など事業化に向けた検討を進めます。

 【推進するSDGs】

  ・11.住み続けられるまちづくりを

広域幹線道路の整備

 大阪府や関連自治体とも連携しながら、八尾富田林線の早期整備の実現を進めます。

 【推進するSDGs】

  ・11.住み続けられるまちづくりを

藤井寺駅周辺の活性化

 藤井寺駅周辺まちづくり協議会と連携し、駅前でデラハロ・デラスト等のイベント事業実施を進めます。

 【推進するSDGs】

  ・11.住み続けられるまちづくりを

地域公共交通

 路線バスの利用促進策の検討や公共施設循環バスを含む交通体系の見直しを検討します。

 【推進するSDGs】

  ・10.人の不平等をなくそう

  ・11.住み続けられるまちづくりを

  ・17.パートナーシップで目標を達成しよう

道明寺駅周辺整備

 整備構想案の実現化を目指し、道明寺駅周辺まち整備協議会とワークショップを通じて、道明寺駅周辺の整備検討を進めます。

 【推進するSDGs】 

  ・11.住み続けられるまちづくりを

市道国府18号線整備

 交通バリアフリー基本構想に基づき、市道国府18号線の改良工事を行い、安全で安心を確保されたやさしい道路の整備を進めます。

 【推進するSDGs】

  ・11.住み続けられるまちづくりを

効率的な維持修繕

 道路・橋梁等定期的な点検、修繕を実施するとともに職員による市内パトロールや市民等から寄せられる要望等については迅速な対応を行い、道路環境の向上及び道路施設等の強靭化を図ります。

 単価契約発注による道路附属物の修繕や新材料の研究、試験施工など作業効率の改善を図り、経費削減及び事務の効率化を図ります。

 【推進するSDGs】

  ・11.住み続けられるまちづくりを

通学路の安全対策

 令和3年6月に発生した千葉県八街市での通学路事故を受けて行った通学路合同総点検に基づき、令和3年度から5年度までの3か年で計画的な通学路安全対策を実施します。

 【推進するSDGs】

  ・11.住み続けられるまちづくりを

狭あい道路の拡幅整備

 令和4年度からの新たな補助制度により、市内の狭あいな道路の拡幅整備を促進し、良好な市街地の形成に努めます。

 【推進するSDGs】

  ・11.住み続けられるまちづくりを

市営駐輪場・駐車場の管理・運営

 市立藤井寺駅南駐輪・駐車場の立体駐車場部分を解体し、平面駐車場に変更しました。また、駐輪場を機械化したことで、駐車場も含め24時間出入庫が可能になり、利便性を向上させ利用促進を図ります。

 【推進するSDGs】

  ・11.住み続けられるまちづくりを

都市公園等における遊具の整備

 ガバメントクラウドファンディングを活用し、子どもたちの意見を取り入れながら北條馬場児童公園遊具のリニューアルを実施します。また、その他公園遊具等については、誰もが安全で快適に利用していただくために点検を実施し、遊具の更新や維持修繕を行います。

 【推進するSDGs】

  ・11.住み続けられるまちづくりを

緑化推進

 市民との協働による緑化啓発事業などを積極的に企画し、緑化の推進を図ります。

 【推進するSDGs】

  ・11.住み続けられるまちづくりを

都市型農業の推進及び営農環境の維持改善対策

 市内の農作物のPRを行い、地産地消の推進を図るため朝市やトラック市を開催し、農業者の生産意欲の向上と市民の農業への理解を深めます。また、本年6月末期限の特定生産緑地への移行について関係課と連携し、手続きの円滑化を図ります。

 【推進するSDGs】

  ・15. 陸の豊かさも守ろう

都市型貸農園事業

 貸農園開設希望者には適切な助言や指導を行い、市民が農業に関する理解を深めることに努めます。

 【推進するSDGs】

  ・15. 陸の豊かさも守ろう

下水道事業会計の健全化

 予算執行内容を精査し、経費の削減に取り組むとともに、水洗化率向上にむけた様々な対策を講じ、有収水量の確保に努め、使用料収入の増収を図っていきます。

 【推進するSDGs】

  ・6.安全な水とトイレを世界中に

雨水ポンプ場等の改築更新

 ストックマネジメント計画に基づく、小山雨水ポンプ場・北條雨水ポンプ場の改築更新に取り組みます。

 【推進するSDGs】 

  ・11.住み続けられるまちづくりを

  ・13.気候変動に具体的な対策を

汚水整備事業

 公共下水道の汚水整備については、今池処理区の恵美坂・北岡地区、大井処理区の小山・小山新町・沢田・御舟町・古室・野中・青山地区の面整備を図り、普及率向上に努めます。

 【推進するSDGs】

  ・6.安全な水とトイレを世界中に

  ・11.住み続けられるまちづくりを

  ・14.海の豊かさを守ろう

雨水整備事業

 浸水対策として、恵美坂1丁目地内の西水路雨水幹線の整備を進めるとともに、都市計画道路八尾富田林線の進捗に合わせ、津堂雨水幹線の詳細設計を行います。

 【推進するSDGs】

  ・11.住み続けられるまちづくりを

  ・13.気候変動に具体的な対策を

お問い合わせ

都市整備部 都市計画課
〒583-8583
大阪府藤井寺市岡1丁目1番1号 市役所4階44番窓口
電話番号:072-939-1111 (代表)
072-939-1214 (都市計画担当)
072-939-1207 (開発指導・空家対策担当)
ファックス番号:072-952-9504
メールフォームでのお問い合せはこちら