藤井寺市総合教育会議

総合教育会議とは       ・会議の構成員

会議における協議・調整事項  ・藤井寺市教育大綱について

会議の開催について

総合教育会議とは

 平成27年4月1日に「地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律」が施行されたことにより、すべての地方公共団体に市長と教育委員会で構成する「総合教育会議」を設置することになりました。

 これにより、市長が教育行政に果たす責任や役割が明確になるとともに、市長が公の場で教育政策について議論することが可能になりました。

 この総合教育会議では、市長と教育委員会が十分な意思疎通を図り、本市の教育に係る課題やあるべき姿を共有して、効果的に教育行政を推進していくことを目的としています。

 

会議の構成員

 市長及び教育委員会

 

会議における協議・調整事項

・藤井寺市の教育、学術及び文化の振興に関する総合的な施策の大綱の策定について

・教育を行うための諸条件の整備その他の地域の実情に応じた教育、学術及び文化の振興を図るため重点的に講ずべき施策について

・児童、生徒等の生命又は身体に現に被害が生じ、又はまさに被害が生ずるおそれがあると認められる場合等の緊急の場合に講ずべき措置について

 

藤井寺市教育大綱について

 藤井寺市では「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」に基づき、市長と教育委員会で構成する総合教育会議において協議を重ね、「藤井寺市教育大綱」を策定しました。

 教育大綱は、市の教育、学術及び文化の振興に関する施策の基本的な方針として、「つながり 輝き 未来を拓く 心豊かに学べるまち 藤井寺」を基本理念とし、3つの基本目標と基本方針を定めています。平成28年に策定した本市大綱で掲げる基本目標は、目まぐるしく変化を遂げる社会情勢の中でも変わることなく、長期的に継続して取り組むべき目標であるため、現状を踏まえた必要な修正を加え、令和5年度まで継続することとしました。

 今後とも、家庭、地域、学校園が相互に連携を図りながら、基本理念の実現に向けた取り組みを進めていきます。

▶藤井寺市教育大綱の内容は下記からご覧ください。

藤井寺市教育大綱(PDF:363.3KB)

 

会議の開催について